Menu

リフトアップや、たるみ改善

ReFa Lift-up Program
リファリフトアッププログラム

~リファカラットのおすすめの使い方~

リファリフトアッププログラムとは、1日1回、2~3分で行っていただく、リファカラットによるローリングと、簡単なハンドケアを組み合わせたオリジナルメソッドの手順です。「リファの美容ローラーをもっと効率的に使いたい」という、より美しさを求めるお客様のお声にお応えして考案しました。スキンケア後に行っていただくのがおすすめです。

【1】背中を親指でゆっくりと3回プッシュします。

【2】親指以外の4本の指を鎖骨に引っ掛け、2秒間プッシュし、2秒間かけて指をゆっくり離します。同じ動作を鎖骨の内側から外側にずらした場所に、もう一度繰り返します。

【3】まずは、右側から。

  • 【3-1】ローラーで、右の鎖骨をはさむように内側から3往復ローリングします。

  • 【3-2】耳の下から肩のあたりまで、首すじを3往復ローリングします。

【4】次は、左側に【3-1】【3-2】を行います。


【5】また右側から始めます。

  • 【5-1】片方のローラーで軽く持ち上げるように、顎の下からフェイスラインに沿って、位置をずらしながら5か所プッシュします。

  • 【5-2】フェイスラインから耳の下に向かって3往復ローリングします。

  • 【5-3】口角から耳の下に向かって3往復ローリングします。

  • 【5-4】頬骨の下を、片方のローラーで軽く持ち上げるように、位置をずらしながら2秒ずつ、3か所プッシュします。

  • 【5-5】頬骨のあたりから耳の下に向かって3往復ローリングします。

  • 【5-6】耳をはさむようにして、耳の周りを6往復ローリングします。

【6】今度は左側に【5-1】~【5-6】を行います。


【7】眉間の下から髪の生え際まで縦方向に3往復ローリングします。

【8】額全体を上下ジグザグにローリングします。

【9】頭全体をジグザグにローリングします。

【10】頭の中央、右側、左側と3か所に分けて、前から後ろにかけてローリングします。(往復はせず、前から後ろに抜けるように行います。)

【11】首の後ろを縦に3往復ローリングします。

【12】耳の下から肩のあたりまで、右の首すじを3往復ローリングします。その後、左の首すじにも行います。

~医学誌に掲載~

第三者機関が検証を行い、その有用性が医学誌に掲載されています。
ReFa CARATと簡単な手技を組み合わせたプログラムによって、肌のたるみが改善され、リフトアップすることが証明されました。

※「ローラー型美容器具を用いたセルフケアによる肌のたるみ改善効果」 2017年1月発刊『医学と薬学・第74巻』

Read More