Menu

ReFa for BODYの使い方

<How to Use>
ReFa for BODY

ハンドルの向き

ハンドルの向きを45°ずつ変えられ、快適にお使いいただけます。

  • 〈持ち方 0°〉
    ハンドルに対してローラーの軸が同じ角度になるように持ちます。

  • 〈持ち方 45°〉
    ハンドルに対してローラーの軸が45°になるように持ちます。

  • 〈持ち方 90°〉
    ハンドルに対してローラーの軸が90°になるように持ちます。

ローラー軸角度の変更の仕方

  • ローラー軸を持ち、ハンドルを引き上げます。

  • ハンドルを引き上げながらカチッと音がする場所まで回します。

ローリングのポイント

矢印の方向を参考にローリングを行ってください。

  • 使用方法について、各部位の写真に、それぞれローリングする方向を示してあります。

  • ①一方向へのローリング
    ②往復(両方向)のローリング

デコルテ・首

  • 鎖骨下のくぼみにローラーを当てるようにローリング。

  • 首の後ろの付け根から首筋に沿って肩まで上下にローリング。

腕・肩

  • 手首からひじに向かってローリング。

  • 二の腕の外側をつかみ絞るイメージで上下にローリング。

  • 二の腕の内側を、脇の下に向かってローリング。
    ※肌がローラーに挟まれやすい部位です。ローラーを肌に当てる強さを調整してローリングしてください。

  • ローラーを肩に押し当てながら、挟み込むようにゆっくりとローリング。

  • 足首から膝の裏にかけてふくらはぎをローリング。
    ※アキレス腱を挟み込まないように注意してください。

  • 膝上部分を横向きにローリング。

  • つかみ絞るイメージで、太ももの内側をローリング。
    ※肌がローラーに挟まれやすい部位です。ローラーを肌に当てる強さを調整してローリングしてください。

  • 膝上から太ももの付け根に向かって外側をローリング。

ヒップ・ウエスト

  • 太ももの付け根からおしりに向かってローリング。

  • ウエストまわりを上下左右にローリング。

  • ウエストを引き上げるようなイメージで斜め上にローリング。

  • ウエスト側部をくびれに沿って引き上げるイメージでローリング。

  • おへそのあたりを左右にローリング。
    ※肌がローラーに挟まれやすい部位です。ローラーを肌に当てる強さを調整してローリングしてください。

  • お腹まわりを円を描くようにローリング。

お2人でケアするときは

  • 〈流れるようなネックラインに〉
    首から肩にかけてローリング。やさしくマッサージするイメージで。

  • 〈凛とした後姿に〉
    自分ではケアしにくい背中をローリング。肩甲骨に沿って上下に行いましょう。
    ※背骨など、骨が出っぱっている部位には使用しないでください。

  • 〈しなやかな美脚に〉
    足首からおしりまでをローリング。脚全体をケアしましょう。

お2人でご使用になる際の留意点

本品をお持ちでない方の手を、必ず相手の肌に触れ続けた状態で使用してください。
※素手で触れていないとマイクロカレントが流れません。