リファカラットの使い方

ローリングの方法

ローラーが肌を吸い上げる強さは、ハンドルを持つ角度で調整できます。

  • <ローラーを前に進める場合>
    ハンドルを徐々に起こして、吸い上げの強さを確認してください。
    ※肌に痛みを感じたら、ハンドルを寝かせてください。

  • <ローラーを後ろに引く場合>
    ハンドルを徐々に寝かせて、吸い上げの強さを確認してください。     
    ※肌に痛みを感じたら、ハンドルを起こしてください。

ローリングのポイント

矢印の方向・太さを参考にローリングを行ってください。

  • 使用方法について、各部位の写真に、それぞれローリングする方向を示してあります。

  • ①一方向へのローリング
    ②往復(両方向)のローリング      
    ③細い部分から太い部分へ、力を入れるようにローリング

デコルテ・首

  • 鎖骨下のくぼみにローラーを当てるようにローリング。

  • 肩と首の付け根から頭に向かい、首筋に沿って上下にローリング。

フェイス・頭

  • 下あごのラインを意識して、しっかりフィットさせながらローリング。

  • 口角から頬骨の下を通って耳横までローリング。

  • 口角から鼻横までを上下にローリング。片方のローラーで頬を持ち上げるように行いましょう。

  • 目尻の上あたりに片方のローラーを当て、側頭部に向かってローリング。

  • 目を閉じておでこから、頭頂部に向かってゆっくりローリング。
    ※髪を巻き込まないようご注意ください。

  • 片方のローラーが耳の上にくる位置で、上下にローリング。
    ※髪を巻き込まないようご注意ください。

  • 親指と人差し指の間を挟み込み、手の甲側のボールで半円を描くようにローリング。
    ※指一本ずつの挟み込みはおやめください。指関節をケガをする恐れがあります。

  • 小指側のふっくらした部分の中央を押しながら、小指方向に向かってローリング。
    ※指一本ずつの挟み込みはおやめください。指関節をケガをする恐れがあります。

  • 内側のひじ下を挟むように、手首からひじに向かってローリング。

  • 二の腕を、脇下に向かってローリング。
    ※肌がローラーに挟まれやすい部位です。ローラーを肌に当てる角度と強さを調整してローリングしてください。

バスト

  • 脇の下を押しながら胸の中央に向かってローリング。

  • 胸の下から押し上げるように上下にローリング。

ウエスト

  • 胸の下からウエストラインまで体側に沿ってローリング。
    ※肌がローラーに挟まれやすい部位です。 ローラーを肌に当てる角度と強さを調整してローリングしてください。

  • 下腹部は、斜め方向に引き上げるようにローリング。
    ※肌がローラーに挟まれやすい部位です。 ローラーを肌に当てる角度と強さを調整してローリングしてください。

  • 足の裏を全体的にローリング。仕上げに写真の○部分を片方のローラーでプッシュしましょう。

  • 足の甲と側面をローリング。お風呂上りなどにおすすめです。
    ※指関節を無理にローリングしないでください。ケガをする恐れがあります。

  • 足首まわりを上下にローリング。心地よく感じる強さで行いましょう。
    ※アキレス腱を挟み込まないように注意してください。

  • 足首から膝の裏にかけて、ふくらはぎをローリング。
    ※アキレス腱を挟み込まないように注意してください。

  • 太ももの内側をローリング。
    ※肌がローラーに挟まれやすい部位です。ローラーを肌に当てる角度と強さを調整してローリングしてください。

  • 膝の裏からおしりの下にかけて、太ももの後ろをローリング。
    ※肌がローラーに挟まれやすい部位です。ローラーを肌に当てる角度と強さを調整してローリングしてください。

お2人でケアするときは

  • 〈流れるようなネックラインに〉
    首から肩にかけてローリング。やさしくマッサージするイメージで。

  • 〈凛とした後姿に〉
    自分ではケアしにくい背中をローリング。肩甲骨に沿って上下に行いましょう。
    ※背骨など、骨が出っぱっている部位には使用しないでください。

  • 〈しなやかな美脚に〉
    足首からおしりまでをローリング。脚全体をケアしましょう。

お2人でご使用になる際の留意点

本品をお持ちでない方の手を、必ず相手の肌に触れ続けた状態で使用してください。
※素手で触れていないとマイクロカレントが流れません。

Page Top