Menu

コラーゲンの必要性

「コラーゲンなくして人間の体は成り立たない」
と言われるほどコラーゲンは大切な栄養素の一つです。

人体のタンパク質の30%
コラーゲンでできている

水分 タンパク質 脂肪 カルシウムなど の無機質  COLLAGEN タンパク質の 約30%がコラーゲン

人体を形づくるものの代表として一般的には水分量の多さが挙げられますが、その次に多いのはタンパク質だと言われています。コラーゲンはこのタンパク質の重要な構成要素であり、いわば体の基礎をつくっていると言えます。

コラーゲンの役割

さまざまな働きをしている、
体の構成要素

コラーゲン 細胞 表皮 真皮 コラーゲンが充実した状態 コラーゲン 細胞 表皮 真皮 コラーゲンが充実した状態

コラーゲンは肌や筋膜、骨、関節、血管など、体を構成する要素として体を土台から支える成分です。特に、肌(皮膚)にはコラーゲンが集まっていて、真皮層の約70%はコラーゲンでできているといわれています。美容成分として注目されていますが、体のコンディションをサポートする上でも欠かせない成分なのです。

年齢を重ねるとコラーゲンの
産生量は減少する

コラーゲンの産生量は年齢とともに減少するため、人間の体内には老化した古いコラーゲンが蓄積されていきます。コラーゲンの絶対量はそれほど変わらないものの、新しくつくられるコラーゲンの量は徐々に減っていくため、次第にコラーゲンの代謝機能が低下し、体へ様々な影響を及ぼすようになります。

コラーゲンの絶対量 コラーゲンの生産量 古いコラーゲンの蓄積量

食事を通して摂取するだけでなく、
ドリンクで効率的に補うことで、
ハリのある生活をスマートに実現