ReFa Beauty Tips

いつでもどこでも楽しく美しく。様々なお悩みに対するメソッドをReFaがご提案します。

Spring - Summer
『季節替わりのゆらぎ肌を徹底ケア』

厳しい乾燥の季節を超え、春先は肌の基礎体力が低下しがち。さらに汗や皮脂によるテカりや毛穴などの悩みも出てきます。
そんな今の時期特有の肌悩みを解決する秘訣をお教えします!


Q. 季節の変わり目のゆらぎがちな肌。どんなスキンケアをすればいい?

A.「攻めのケアよりも、保湿をしっかり心がけて」

今の時期はまだまだ空気も乾燥していますし、冬の過酷な時期を過ごした肌は代謝も落ちて、バリア機能も低下しています。軽めの人は頬や口の周りなどが部分的に乾くくらいですが、ひどい人は額や鼻まで乾燥してしまうことも。そうなると、やはり乳液やクリームなど油分の多い物でしっかりと潤いの膜を作ってあげることが大切です。

また、目には見えませんが、肌内部が炎症を起こしていると刺激を感じやすくなります。いつものスキンケアがピリつくようなら、敏感肌向けのものにチェンジしたり、ビタミンC入りのコスメをお休みしたりするなどの工夫が必要です。

自分の肌の状態を日々しっかりとチェックして、とにかく保湿を一生懸命頑張ってください!

肌深部※にうるおいを届けてくれるクリーム。ふっくらツヤ肌に。リファエクスプレッション グロッシークリーム 30g ¥12,000

※ 角層まで

Q. 暖かくなってくると毛穴の開きが気になります。どう対処すればいいですか?

A.「毛穴を開かせてから念入りにクレンジングを」

実はしっかりと開いてしまった毛穴は簡単には小さくなりません。気温が高くなると皮脂の分泌量が多くなり、その油分が化粧品や汚れを吸着して毛穴を広げてしまうのです。

解決策としては、丁寧にクレンジングをすること。メイクをしていなくても汚れが毛穴に詰まりがちなので、毎日行いましょう。お風呂に浸かって温まってから洗ったり、温感タイプのクレンジング剤を使うなどすれば、毛穴が開きやすくなるのでおすすめですよ。

最後は冷たい化粧水などでパッティングをして、開いた毛穴を引き締めてくださいね。

毛穴の汚れを絡めとるように落とす、温感※タイプのクレンジングクリーム。リファホットクレンズ CL 200g ¥3,500

※ マッサージによる効果

Q. 春と夏ではUVケアアイテムを変えるべき?SPF値やPA値はやっぱり高いほうがいいの?

A.「シミ、シワ、たるみが気になるなら、1年を通してPA値の高いものを
使いましょう」

本来ならば、季節を問わずUVカットは徹底して行うべき。そしてとくにこれからの季節に気をつけたいのは、UV-A波。

日焼けの原因となるUV-B波と違って、UV-A波は曇りの日でも降り注いでいますし、肌の奥まで入り込んで、老化を促進させてしまいます。SPFだけでなく、必ずPA値をチェックして、最低でも+++(スリープラス)以上のものを選ぶようにしましょう。薄く塗りすぎると効果が半減するので、適量をしっかりと塗り、日差しが強い日は2~3時間ごとに塗り直しをすることも必要です。

Q. スキンケアの効果が最近感じられません。プラスαで何か加えた方がいいのでしょうか?

A.「炭酸スキンケアがおすすめです!」

目に見えてわかるほどではないですが、加齢とともに肌は少しずつ衰えてくるもの。スキンケアの効果を感じられないとしても、保湿などの基本のケアをコツコツと続けることが美肌キープの秘訣です。

ですが、肌が乾燥するなど明らかな変化がある場合は、スキンケアアイテムを見直したほうがいいでしょう。プラスαで何か始めたいと思っているなら、炭酸コスメを取り入れてみては?

いつものスキンケアを1ランク上げるケアとしておすすめですよ。

右/高濃度の炭酸を肌に送り届けることができるミストユニット。リファミスト¥34,000 左/リファミストを使うことでミストからマスクへと変化し、肌にたっぷりと美容成分※をチャージ。リファジュエルマスク 40mL¥5,500

※ 加水分解コンキオリン、加水分解コラーゲン、加水分解エラスチン(すべて保湿剤)

Q. 本格的な夏を迎える前に、今から準備しておくことはありますか?

A.「バランスよく食べ、しっかり睡眠を」

とにかく潤ってさえいれば、肌は強くなるし、トラブルを回避できるので、保湿はしっかりと続けてください。

それ以外は、とにかくバランスよく栄養をとり、なかなか難しいとは思いますが22時にはベッドに入るように心がけましょう。22時から翌2時までは成長因子が出る時間帯なので、この時間に寝ることが肌にとってのいちばんのアンチエイジングともいえます。



答えてくださったのは…

六本木スキンクリニック院長
鈴木稚子さん

アンチエイジングを専門とし、肌だけでなく、内臓機能や運動機能との関連性も研究。その美貌でも注目されていて、クリニックには全国から患者が訪れる。