1. ReFa Journal TOP
  2. ReFa Beauty TALKS for Platinum Life
  3. "ReFa Beauty TALKS for Platinum Life" しなやかで美しい“立体感”のある顔立ちを目指したい(後篇)

"ReFa Beauty TALKS for Platinum Life"
しなやかで美しい“立体感”のある顔立ちを目指したい(後篇)

2018.10.31
ReFa Beauty TALKS for Platinum Life


しなやかで美しい“立体感”
のある顔立ちを目指したい(後篇)


松本千登世/Chitose Matsumoto
[美容エディター]

たおやかな雰囲気で、周囲の人さえも心地良くさせてしまう松本千登世さん。後編は、松本さんがキレイだなと思う人や肌について思うこと、そして美容業界に身を置き続けてきた今、感じている“理想の年齢の重ね方”について伺いました。

「美容は、外見だけじゃなく心の持ち様まで左右するもの」

「仕事柄、多くの女性に会う機会がありますが、キレイだなと思う人は、言葉の使い方や、ちょっとした目線や身のこなしまで美しい。年齢を重ねれば重ねるほど、美しさは内面からにじみ出るものだと常々感じます。生き方そのものが、顔や仕草にも現れるんです」と松本さん。そんな女性たちの内面に、美容が及ぼす影響の大きさを痛感しているといいます。

「スキンケアやメイクをするとき、誰もが優しく美しい表情で鏡に向かいますよね。大げさかもしれないけれど、美容は心の持ち様まで左右し得るものだと思っています」

「これからは、年齢の重ね方にもセンスが問われる時代」

「年々化粧品や美容法も進化して、本当にたくさんの選択肢が広がりました。そこで自分がこの先何を取り入れていくか、そのセンス自体が問われる時代になったと感じます。私自身に関して言えば、“やらなきゃ!”と強迫観念に駆られるのではなく、マイペースで丁寧に、お手入れの時間そのものを楽しめる気持ちを忘れないでいたい。ReFaカッサレイでのケアがまさにその代表例です。自分のキレイを最大限に引き出せる美容法に出会い、続けていければ素敵ですよね」

「人それぞれの美しさを引き出してくれる、ReFaの姿勢に共感します」

最後に、理想の肌や顔立ちについて伺ったところ、“立体感”という言葉が返ってきました。

「美しさって画一的なものでなく、一人一人の立体感、つまり骨格に個性が出るので、それを生かすべき。研ぎ澄まされた曲線の美しさを追求する考え方は、ReFaのシリーズにも通じますよね。フェイスラインがもたつくのはイヤだけれど、潤ってハリのある頬の肉感はむしろ魅力的。余計なものがなく、あるべき場所にはきちんとある…そんな理想の顔立ちを、ReFa CAXA RAYで目指します! さらに、よく食べ、よく歩き、よく笑い、よく眠るといった当たり前のことを毎日意識しながら生活すれば、肌や表情はより生き生きと変わってくるはずです」

これが私のおすすめ!

「年齢を重ねると、“このシワ、このたるみ…”といったピンポイントの肌悩みではなくなります。顔全体をケアし、理想的な“曲線美”を作り上げてくれるReFa CAXA RAYは、これからもずっと傍にいてほしい存在。カッサと聞くとこするイメージもありますが、これは刺激もなくスムーズに引き上げられるので安心。目元は、ふたつのローラーでつまみ流すと本当に気持ちいいんです!」

Profile

松本千登世Chitose Matsumoto 〔美容ジャーナリスト・エディター〕

客室乗務員、広告代理店、出版社勤務を経て、フリーランスに。知性あふれるしなやかな言葉で綴られたエッセイや、感性と経験に裏打ちされた美容記事が人気。新著『もう一度大人磨き 綺麗を開く毎日のレッスン76』(講談社)などの著書も好評。

洋服・サンダル:DOUBLE STANDARD CLOTHING ピアス:Lemontree

Feelings 気分から選ぶ

ReFa Journal トップへ戻る
Page Top
v