Menu

"ReFa Platinum Life" limited-period -前篇-
畑野ひろ子/HATANO Hiroko [モデル・タレント]


10代からモデルを始め、現在もモデル、女優、タレントとしてお仕事をされながら、2人の女の子の母としても忙しく過ごされている畑野さん。女性として、モデルとして、いつまでも輝き続ける秘訣を教えて頂きました。

「女性としての内面的にも、モデルのお仕事という“見られる”という外見的にも、“いつも笑顔でいること”が美容にとっては一番大事だと思っています。笑顔でいることで自分自身も周りも元気になるし、顔の表情も明るく、若々しくなると思います。もちろん家族といる時間が一番笑顔でいられるんですが、子育てをしていると、“リセットする”時間も必要で、子どもに対して怒ってしまったり、言い過ぎてしまったりして、逆に落ち込むことも多いので、そんなとき私は、花に触れる時間を持つようにしています。綺麗な花を見て、好きな香りを感じることで気持ちも落ち着くし、気分の切り替えもできます」


モデルとしてお仕事されながら、現在フラワーアレンジメントの講師としても活躍されている畑野さん。フラワーアレンジメントが癒しの時間になっているそう。

「もともと母が花好きで、常に花に囲まれて育っていたんですが、若い頃はそんなに興味もなくて、家庭に当たり前にあるものくらいに思っていました。でも出産をすると、今までの自分の生活が180度変わって、自分の時間がほぼゼロになってしまったんです。そんなときに花に触れる時間を持つことで、自分の時間を取り戻せました。主人も花やグリーンが好きなので、会話も広がりますし、家庭もより明るくなった気がして……人って綺麗なものを見たりするだけで、心も清らかになるし、ストレスがなくなって、笑顔を取り戻せるんですよね。それに笑顔でいることで、綺麗でいようという気持ちもさらに高まります」


畑野さんにとって、花と肌は似ているそうで、大事にした分だけ綺麗に咲くことができるそう。

「子どもたちも花に囲まれて育っています。私が“花育”といって促進しているんですが、花に水をあげると元気に咲くことや、つぼみから咲いてやがて枯れるというように、“人間と同じように花も生きているんだよ”って子どもたちには教えています。花を大事にする、周りにいる人を大事にする、自分自身も大事にする、すべてにつながっていくと思っています。それは私にとってスキンケアも同じで、肌を大事にして、ストレスを与えないことが、肌を綺麗に保つ近道になると思っています」


畑野さんの笑顔の源でもある“花”でアレンジメントをしていただきました。

「毎年、母の日には、主人の母と私の母に、自分でアレンジした花束をプレゼントしています。カーネーションに限らず、母達のイメージや、プレゼントしたい花をまず選んで、イメージを大切にアレンジするようにしています。昨年は長女が一緒にアレンジをして、それを私にプレゼントしてくれて、とても特別で大切な時間になりました」

母としても素敵な笑顔を絶やさない畑野さん。花に触れて笑顔になる、それこそ畑野さんが美しく輝き続けられる秘訣なのでしょう。



「"ReFa Platinum Life" limited-period -後篇-」はこちら


Profile
畑野ひろ子/HATANO Hiroko [モデル・タレント]
17歳でJJの専属モデルになり、現在はVERYモデル・女優・タレントとして活躍の幅を広げる。プライベートでは、サッカー選手の鈴木啓太さんと結婚、2児の母としても忙しい日々を送っている。

Instagram:@hiroko_hatano_
Blog:amebro.jp/hatano-horoko/
special thanks フルール・ユニヴェセール、レ・グラン・ザルブル、株式会社バルビゾン

おすすめ記事