ReFaブランドストーリー

ReFa Brand Story

ReFaは、
ひとつの美容ローラーから
はじまりました。

顔やボディを美しく引き締める、
エステティシャンのゴッドハンド。
その巧みな手の動きを美容機器で再現し、
自宅で気軽にケアができないだろうか?
そんな願いから、2009年に初代ReFaを開発。
私たちの挑戦がはじまりました。



ReFaのローラーが、他と一線を画していると言われる理由。
それは開発者たちの、細部に渡るこだわりにあるかもしれません。
じつは、肌は人が意識するよりも超微細な刺激を感じ取っています。
だから、単純に心地よいという「体感」だけでローラーを設計すると、
肌にとっては刺激が強すぎることがあるのです。
私たちは、人が無意識下に肌で感じているストレスまでを考慮し、
ローラーの位置や角度を100分の1mm単位で調整、
検証を繰り返してきました。
ReFaのローラーの、あの絶妙なフィット感や加圧バランスは、
心地よさや美容効果はもちろん、
繊細な肌への配慮も追求した結果なのです。
その細部へのこだわりは、
化粧品を含むすべてのアイテムに生きています。


人の肌には、もともと微弱な電流が流れているのをご存知でしょうか。
マイクロカレントは、この電流に極めて近い性質を持っており、
エステでも施術に取り入れられている他、
アスリートの身体のケアに採用されることもあるようです。
ReFaは、すべてのローラーにソーラーパネルを搭載し、
光を取り込むことで、マイクロカレントを半永久的に発生できるよう設計。
充電不要で、最先端テクノロジーによるケアを
毎日、手軽におこなっていただけます。


美しい人の共通点は、なんでしょう?
それは「美しくなるための時間を、楽しんでいる」ことだと感じます。
そう、私たちが大切にしているのは、美しくなるための時間。
美容ケアを「面倒なプロセス」から「こころが弾むご褒美」に変えたい、
という想いを、ReFaに込めています。
疲れている1日の終わりに、ソファでゆったりローラーを転がして、
肌とこころを丁寧にいたわるひとときを。
化粧品の、とろけるようなテクスチャーや優しい香りに癒される悦びを。
そして、楽しんでケアを続けるうちに、
美しくなっていく自分に出会える感動を。
私たちは、そんな想いを持って、すべてのアイテムを開発しています。



美容と向き合う時間を楽しくするために、
もう一つReFaがこだわったこと。
それはデザインです。
お客様の心に届く、画期的な製品でありたい。
そのために、ローラー本体や化粧品のボトルなどにおいて、
機能性はもちろん、肌当たりのよさ、手に馴染むフォルム、
眺めているだけで気分があがる美しさなど、
使うことが嬉しくなるデザインを追求しています。
またパッケージや、ポーチ、クロスといった付属品まで、
ときめきを演出するデザインや、質感・手触りへのこだわりを忘れません。
お客様がReFaを初めて手にする時の感動、
毎回手に取る時の感動を思い描きながら、デザインしているのです。



「ローラーでこんなにつまんで、肌を傷めないの?」
という声を伺うことがあります。
ReFa CARATであれば、つまむ肌の厚みは11mm。
これは皮膚科医や形成外科医と協議を重ね、
テストを繰り返した上の結論であり、肌の構造上、問題のない数値です。
このように、私たちはすべてのアイテムを自社で開発しつつも、
外部の医師や専門家との連携を、積極的に行っています。
また、大学や企業と共に基礎研究から学会発表まで行うなど、
革新的なアイデアを生み出すために、また世の中に感動をお届けするために、
他業種とのコラボレーションをフレキシブルに進めています。


2009年に日本で誕生したReFaは、
2012年にはアジアや欧米などの海外で販売を開始、
2015年には販売累計400万本を突破するなど、大きな発展を遂げてきました。
そして私たちは今、〜United Beauty〜をテーマに、
美容機器と化粧品を斬新なアイデアで組み合わせることで、
新しい美容の形をどんどん生み出そうとしています。
それによって、いろんな人が、いろんな場所で、美容を楽しみ、
新しいライフスタイルによって、人生を豊かにすることができたら。
いまの美容業界にはない私たちだけの視点が、
きっと100年後の美容を変えると信じ、挑戦を続けます。
美しくありたいと願う、世界中の人々を美しくするために。